研究や趣味やらあれこれ

日々のあれこれをあれ

GeekTool Macでも壁紙をカスタマイズ!動画編

 少し長ったらしかったので目次

なんとなく…

 

とつぜんですが、僕はあまりカスタマイズしない人です

 

たとえば、Macbook

 

みんなあれにシール貼りたがるよね笑

 

個人的には、シールなんてぼろくなったり剥がれたりして汚くなるのだから貼るのはちょっと…という感じです

 

つまり、のちのち外観を損なってしまいそうなことはしたくないのです

 

内部的なものは大歓迎です。ソフトウエアとかプラグインとか

 

ということで、壁紙だけでもカスタマイズしてやろうと思った次第

 

"GeekTool"というものに出会いました

 

どんなの?

 

これは壁紙を変える、と言うよりデスクトップにウィジットを置けるようになるみたいな感じ?(ぼくの知識で表現するなら)

 

つまりMacで設定した壁紙は表示されたままで、その上から全画面表示の画像やら動画やらを表示させるってことです

 

もっと詳しく言うと、範囲を指定してそのなかでHTMLやシェルを動かすといった感じです。しかもいくつも表示できます

 

画像に関しては直接範囲の中に表示できます(最も1枚だけの画像ならMacの壁紙で設定すればいいが)

 

先程も述べたように、指定範囲内でいくつも表示できるので画像の上にシェルで表示したカレンダー、のさらに上に画像という風にすると立体感のあるものも作ることができます

 

がー、僕にはシェルを使う技能がない上に今回は動画を動かしたいだけなので、HTMLを使った動画をデスクトップに表示させておく方法を紹介します

 

やってみた

 

1.GeekTool起動。

f:id:csl-mc:20170526012421p:plain

 

2."Web"のアイコンをデスクトップにドラック&ドロップ

f:id:csl-mc:20170526012519p:plain

 

ここで何やら設定画面らしきものと、四角い枠が表示されました

 

設定画面のほうは、HTMLを表示させる場所、大きさ、拡大倍率などを変更できるものです。こちらで(もしくは枠を直接動かして)位置調整します

 

枠は実際にHTMLが表示される場所のプレビューです

 

3.HTMLをかきかき

htmlファイルと同フォルダ内にvideoフォルダを作成し、その中に再生したい動画sample.mp4がある場合です

 

<video autoplay loop src="./video/sample.mp4"></video>

 

たったこれだけ…

 

htmlファイルは適当な名前で保存

 

4.使うHTMLファイルを指定

ここも簡単。2の図の設定画面のAdressのURLの欄に使いたいhtmlファイルをドラック&ドロップするだけでパスを挿入してくれます

 

この時点で枠内に動画のプレビューが現れます

 

枠の位置や大きさ、倍率をうまく調整してかっこよすな感じにして

 

5.さいごに

f:id:csl-mc:20170526014242p:plain

 

閉じる前にShow in menu bar にチェックを入れておくとどこからでもGeekToolを終了できるようになります

 

閉じるボタンを押すと上の図のような警告が出ます

 

ここでNoを選択して終わりです

 

 

 

これですこーーーーーーし、おしゃんなマカーやで